life

Fazerのイースターエッグ、Mignon(ミグノン)を食べてみた

Apr 4, 2016

IMG_3930

こんにちは。

 

実は、以前Fazerのチョコレート4種類を食べ比べたときに、記事をみた友人から「もっとオススメなのがあるらしいよ」と言われて紹介されたのがこのMignon(ミグノン)でした。

 

IMG_3925

 

MignonとはFazer社が1896年から製造しているイースターチョコエッグのことで、他のチョコエッグとは異なる特徴を持っています。

 

パッケージ横をご覧ください。

 

IMG_3941

 

おわかりいただけただろうか・・

 

Finest almond and nut nougat in a real egg shell.

と書かれています。

 

そうです、このイースターエッグは本物の卵の殻の中にアーモンドとヌガーが入っているのです。

 

 

パッケージから取り出したものの、どうやって食べるのか分からず困りましたが、とりあえず机の角にぶつけてチョコレートを取り出すことに成功しました!

 

IMG_3968

 

どんぐりみたいでかわいいですね。

 

 

そしていざ実食。

 

これは・・以前食べたGeishaに味がとても似ている・・!

つまり、おいしい・・!

 

子供目線で考えると、卵にまるまるチョコが入ってるなんて夢見たいな話ですよね。

どうやって卵の殻にチョコを入れているのか気になる方は、Fazerが公式で製造過程を公開しているのでぜひ見てみてください。

 

 

 

 

実はイースター中にこれを探し回っていたのですが、7件くらいスーパー回りましたが手にいれることができませんでした。

 

(Fazer cafeにいけば卵が山積みになって置かれているのですが、パッケージごと購入したかった・・)

 

Fazer商品の中で2番目に歴史が古く、人気のチョコレートなのでぜひチャレンジしてみてください!

 

 

以前のFazerチョコ食べ比べ記事はこちら

フィンランドを代表するお菓子メーカー「Fazer」のチョコを食べ比べてみた

Scroll to Top